ホームページボタン 工房概要ボタン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火打ち石の岩ちゃん 「お灯明様」を解説

強調文s-DSCN1430.jpg
平成24年 3月11日、多治見市廿原町で、古くから続く
「お灯明様」の意義を住民に再認識してもらおうと「火打石」研究を行っている
可児市の 岩田邦夫氏を招いて講和が廿原公民館で(町民 40名)行われ
ました。
現在廿原町には「火打ち箱」(中には「火打石」と「火打金」が入っている)
これを町内の人が交代で持って「お灯明」に「灯り」を点けるしきたりがある。
但し、実際にはマッチ、ライターを使用している。
何故「火打石」のしきたりがあるかを解明するように、自治会長から要請が
ありました。

写真は岐阜新聞 3月13日に掲載された 岩田邦夫氏(火打ち石の岩ちゃん)

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数合計
リンク
管理人宛てメール
メール連絡は下記のアドレスにどうぞ。
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSSリンクの表示
BGM_ON
MediaPlayerが開いたら「プログラムで開く」でBGMをお楽しみください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。