ホームページボタン 工房概要ボタン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帷子児童館入院おもちゃー2

s-R0017435.jpg
s-R0017436.jpg
s-R0017428.jpg
修理依頼は大人が押す左側のステック、これが固定できないとの事
多分、中央に回転させるとロックできる物が有ったかと思いますが
破損されたみたい、したがいパイプにネジを切り 写真白いノブ付きネジを
追加しました、結構いい具合に固定できました。
そして ハンドルの所のアンパンマン、ボタンを押すと音が出ますが
ウインカー左ボタン動作不安定でしたので此れも修理しました。
スポンサーサイト

コウモリ対策失敗

s-R0017431.jpg
写真の通り 41KHzの音波発信器を作製し何時もコウモリが来る所で
発射続けましたが、全く効果なし、この超音波かなり音圧は高いのですが
悔しい今日でした。

帷子児童館 入院おもちゃ修理ー1

s-R0017432.jpg
s-R0017422.jpg
s-R0017424.jpg
アンパンマンの自動車みたい、故障箇所は2箇所、ハンドルの下にアクセルと
ブレーキ まずアクセルを踏むと加速音が出ます、そして ブレーキを踏むと
ブレーキ音 故障箇所は アクセルスイッチの接触不良。

もう一つはハンドル部分、まず右の黄色ボタンが始動(エンジン)スイッチ
これがスイッチ不良の為全て動かず。

上記スイッチ酸化を落とし、接点復活剤を塗布し修理完了、全て完動。

おもちゃ病院かに(可児)帷子児童センターでの開催

s-R0017421.jpg
今日も 可児市帷子児童館でのおもちゃ病院かに に大勢の修理依頼に
来て頂きました、ドクター9名てんてこ舞い、開催時間内に修理出来なかった
おもちゃは各ドクター持ち帰り、小生も4台のおもちゃの持ち帰りでした
明日から修理、随時報告します。(写真も撮る暇無く1枚でした)

コウモリ

s-IMG_0362.jpg
昨日作製した 発信器で 我が家に夜来るコウモリに40KHzの
超音波照射してますが、写真のコウモリは逃げません

① コウモリに全く効果が無い
② 寝ているコウモリは反応しない?
③ これ以上来ない?

とにかくもう少し様子見ます 悔しい。

コウモリ研究 発信機の作製

s-R0017415.jpg
先日 コウモリの声を聞くために超音波受信機を作製し、コウモリの
声を収録しました。
受信機を作れば送信機(発信機)も作りたく思い必要部品が揃ったので
今日作製。
写真 左が発信部 デップスイッチで 1Hz、から100KHzまで発信可能
です、コウモリは約40KHzですのでその周波数も発信するよう定数
239PFを設定しました、右の基板はオペアンプ 40KHzの超音波スピーカー
そしてそれを十分駆動させる昇圧コイル、最終的に スピーカーに約70Vの
信号が送れたかと?
最終的な数値は アナログ工房可児おやじに有るカウンター、デジボル
で確認してきます。
この信号機をコウモリに照射するとどの様な変化があるかテストします。

アナログ工房可児おやじ 最近 超音波の世界にハマッテます。

定例おもちゃ病院かに(可児)

s-RIMG0045.jpg
s-R0017408.jpg
今日も沢山の方に来て頂きました、有難う御座いました。

そして、今日は先日 可児市社会福祉協議会 会長表彰を受け
本日、ドクターでの記念撮影、今後も頑張ります。

コウモリ調査

>コウモリ調査音←ここをクリック


s-IMG_0346.jpg
コウモリを調査するため、今日は 最初 15000Hzの信号10秒
15000Hzの信号を小生が作った装置 1/16にした信号 10秒
そして、今日この装置で空を飛んでいるコウモリの声 
最初の15000Hz信号は小生も聞き取れません、しかし若い人は
聞こえます。
コウモリはこの15000Hzの約3倍の45000Hzの信号です、小生は
今現在 15000Hzの音しか出せませんので今回は15000Hzまでです。

おもちゃ病院かに 入院おもちゃ

s-R0017405.jpg
s-R0017406.jpg
おもちゃ名 ニャンコん家(ち)
不良主原因はスピーカー断線、小生は人生電子業界で働いてきました
中国製のスピーカも大量に使用してきましたが、スピーカーの不良など
殆ど聞きませんでしたが おもちゃに使用しているスピーカーの不良は
大変多いです、品質管理(設計完成度)の違いが感じられます。

昨日の 社会福祉大会-2

s-桂 福点
桂 福点 氏(1968年生まれ)

全盲の落語家・音楽療法士、大阪芸術大学卒

おもちゃ病院かに が表彰される事で小生が参加しました、表彰セレモニー
終了後帰ろうと思ってましたが、あまり気が進まない中お付き合いのつもり
で この 桂 福点氏の講演を聞いていました。

所が彼の話約2時間 圧倒、感動、勉強、素晴らしさに魅了されました。

2時間が計算された構成、演出、BGM、歌、演奏、ビィジアルアシスト等々

話は自分が歩んだ人生を話されました、と同時に障害者の居場所など
話の中で イントロ(約1~2秒)での曲当(涙そうそう) そして全員で
合唱、 又 オペラ曲をテノールで歌われたり(非常に上手)
エンデング には 南米ペルー発祥の縦笛(ケーナ・・コンドルは飛んでいく
で有名)で自作曲を演奏されました。
正直言って感動の2時間でした。



おもちゃ病院かに 表彰

s-R0017400.jpg
s-R0017404.jpg
本日、可児市社会福祉協議会から おもちゃ病院かにが表彰され
小生が出席しました。 可児市長も挨拶されました。
会長表彰 団体は6団体にでした そこに おもちゃ病院かに が
入りました、表彰状は9月20日 おもちゃ病院かに 開催時
ドクターと表彰状の写真を撮りますので少しお待ち下さい。

この後 講演会が有り 講師 は 桂 福点 氏 彼は全盲の落語家・
音楽療法師でした、2時間聞きました 素晴らしい才能の持ち主
明日 もう少し 桂 福点氏の魅力を紹介します。

コウモリの声(超音波)を聞く装置作製と実験

s-IMG_0347.jpg
s-IMG_0346.jpg
コウモリの声を聞くために超音波(約50Khz~65Khz)を人間が聞こえる
周波数(1/16に変換)にする装置を作ってみました、しかし当初は超音波用の
マイクを使用しましたが10khz位の音も拾いましたので 40Khzハイパス
フィルターを追加、するとかなり良くなりました。(写真上)
偶然に小生のエアコン室外機に黒い糞が良くあり前々から鳥の巣が有るかと
疑問に思ってましたが、犯人発見、夜のみ写真下の通りエアコン上の軒下に
コウモリ4匹?が居ること確認、勿論昼間は居ません。
コウモリ探知機で確認すると、とまっている時は超音波発しないこと判明。

おもちゃ病院かに(可児)定例開催

s-R0017398.jpg
s-R0017397.jpg
s-R0017396.jpg
第一土曜日のおもちゃ病院かに(可児)定例開催、今日も多くの修理
依頼者に来て頂きました、今日のおもちゃ修理総数25件でドクター
てんてこ舞い、そして 今日 おもちゃドクター参加希望者が来られました
若い方です、益々 おもちゃ病院は強力になります。
そして 9月13日には 社会福祉協議会、日本赤十字から おもちゃ
病院かに(可児)が表彰されますので 小生が行きます、又 その
内容は後日報告します。

コウモリの声

s-R0017394.jpg
小生の依頼者からコウモリ害に関する対策依頼(防犯器の誤動作対策)が
有りまして、取りあえず 超音波(コウモリは約65KHz)を発信し 虫、障害物を
感知します、そこで この超音波は人間が聞こえる 可聴帯(40Hz~18000Hz)
に変換する装置を作ってみました。
今日夕方コウモリが1匹上空 10M位の所を飛んでました、ピッピの音を感知
しました。
しかし 超音波の世界も色々な音が聞こえ、コウモリの音(声)だけをPIC UP
するには フィルターが必要となりました。

写真は超音波マイクを含めた試作基板
訪問者数合計
リンク
管理人宛てメール
メール連絡は下記のアドレスにどうぞ。
カレンダー(月別)
08 ≪│2014/09│≫ 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
RSSリンクの表示
BGM_ON
MediaPlayerが開いたら「プログラムで開く」でBGMをお楽しみください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。